SSブログ

消えていく昭和の面影 ― 歌舞伎町最後のキャバレー”ロータリー”が2月28日に幕を閉じます。 [その他]

1970頃_歌舞伎町キャバレーロータリーweb.jpg
1970年代当時、キャバレー最盛期のころのロータリー。あふれる客、生バンド演奏でダンスをする古き良き昭和の時代の、夜の社交場の景色がそこにはあった。

2020年2月28日、歌舞伎町、風林会館の6階、240坪のフロア面積を擁する”キャバレー”ロータリーが閉店します。昭和の匂いをそのままに、東京で最後のキャバレーが50年の歴史を閉じます。


経営者の吉田康弘さん、御年82歳。 「さすがに疲れちゃってね。」と、今や82歳という高齢でありながら毎日現場に立ち、一介のボーイと変わらぬ現役っぷりだった彼も、時代の変化に乗れず、50年の歴史を誇ったロータリーもいよいよその幕を閉じる日がやってきてしまった。歌舞伎町が繁華街になり始めた昭和33年ごろから約60年間、数々のキャバレーを渡り歩き、”伝説”のマネージャーと呼ばれた方です。今、歌舞伎町の水商売をされている方たちはみんな吉田さんの後輩みたいなものかと。



【キャバレーという昭和な小宇宙の話】

戦後の日本で、そもそもは占領下としていたアメリカ軍人を相手に慰安所的な要素を含む、ホステスが接待する飲食店として生まれた日本のキャバレー。日本の高度成長期に、その象徴だったネオンで煌びやかに装飾され、加えて、生バンドやショーを行うステージ、ダンスホールを伴う形の大型の店舗『キャバレー』が一世を風靡した昭和の時代があった。ハリウッドやハワイチェーン、歌舞伎町でもクラブハイツとかクインビーというお店があって、みな活況を呈していた。こうした大型店舗はだいたい自前の建物を持ってやってきたが、法の規制や建物の老朽化、時代の変化とともに姿を消し、東京ではついにこのロータリーが閉じると『キャバレー』は姿を消すことになる。グランドキャバレーといわれる1000坪を超す大型店もあった。クラブハイツも約10年前、2009年に閉店。(現在の新宿東宝ビルの敷地にあった)解雇されたホステスたちの多くがロータリーで働いていた。少し前、ロータリーに行き、この店で時折ステージをするクラブ歌手のはるか(伊藤はるか)さんが、キャバレーってこういうところよ、という話を聞かせてくれたことがあった。その日のはるかさんのステージは、美空ひばりの曲で始まり、〆も美空ひばりだったのをふと思い出す。

「お客さんにダンスをさせて、っていうのはあるんですけど、キャバレーって生バンドっていうのが本当は定義だと思うんです。だから、今のここ(ロータリー)はキャバレー風といった方が正しいかもしれない。」とはるかさん。「かつて華やいだキャバレー界も、今となっては、東京でキャバレーの"システム"が残っていたのは唯一ここだけになった。大阪にはまだ2軒、横浜に最近新店が一軒できたようだけど、それでも結局3軒しかないかなあ。」

キャバレーには三原則というのがあって、それははるかさんが言うには「音と色と香り」のことだと聞いた。音は音楽とか、色はネオン、香りは例えばホステスたちの香水の香りか。

「大きなお店にはたくさんのホステスがいて、中にはお客様と同郷のホステスがいたりもする。ある席から方言のイントネーションが聞こえたりする。その田舎臭さ、は香りの中に含まれるかな。音は、基本は生演奏ですよね。でも、そこにはセクシーダンスとか社交ダンス、私たちがするステージなんかもある。それと、昭和のキャバレーには必ずあった黒服(男性スタッフ)のマイクパフォーマンス。色とか香りだけならクラブとかほかの業態にもあるけど、"音"があるからこそキャバレーなんだよ、というのを会長(吉田さん)から教わりました。」

黒服とホステスがつくるお店。だからキャバレーは、ママがいて、のクラブとはだいぶ違った。  


店で黒服がたこやきを焼き、金魚すくいもあったり。ここはいったい何なのかよくわからないけど毎日が祭りのような感じで、どちらかといえば”ママ”が店を創るクラブは繊細で整然としてて女性っぽさが前面にあり、キャバレーは男性的なダイナミックさと、悪く言えばこういった雑さがあった。だが、その”雑”な感じが、実は居心地の良さを作っていた気もする。


クラブなどキャバレー以外の業態にもある"香り"というのは「キャバレーは最後にホステスとお客さんとの『ラストダンス』というのがあって、"ねえ、今度いつ来てくれる?"とか"今からどこか行かない?"とかのお客さんとの駆け引きが行われる。その時の、ホステスの化粧のにおい、香水の匂い、それがかつては非日常だったのね。そういう駆け引きの形は今じゃあまりなくなってきたけど。」そうして、男たちはわかってても、この香りで恋に堕ちたりしてきた。「キャバレーはお店が大きいのもあって、お客様が、自分は今日はどこの席のどの位置にすわろう、とか、クラブみたいに永久指名ではないので、今日はなんとかちゃんいる?みたいに、お客側に選択肢が多いのも特徴だった。」

キャバレーには、ママ的な方が何人かグループを作っていて、若いコたちを差配している風な感じのところもあった。「お客さんの好みに合わせたコを連れてきてテーブルにつける。そうすると、お客さんは満足して、喜んでまた次も来てくれた。」いろんな情報を黒服とホステスとが共有しながら席をつくっていく、そういった席の和が、小さなクラブがあちこちにあるかのように空間に広がっていたわけだ。


携帯電話の誕生によって、ホステスが直接お客の男性と連絡を取りやすくなって、黒服の役割は変化した。たぶんちょうどその頃から、こういう昭和の宇宙のような空間は衰退しはじめたのかもしれない。

歌舞伎町から、最後の昭和のキャバレー、ロータリーは無くなってしまいますが、その前にはるかさんの話が聞けたのはよかった。もう彼女と会えるお店はないかもしれないなと思うとやや寂しい気もする。あるいは、彼女に限らず、ここで働いていた多くのホステスたちとも、再び歌舞伎町の夜のどこか違うお店で会える日がくるのでしょうか。


ロータリーの営業は今日を含めあと2日。NHKの72時間(4月放送)、おはよう日本(3/1放送予定)、それ以外にGyaoの木梨さんの番組、テレビ朝日などが密着で取材に入ってます。皮肉にも、コロナ騒ぎはどこへやら、という感じで、ロータリー最後の週は相当賑わっているかと思います。東京"最後"のキャバレー、ロータリーの終幕を見届けてはいかがでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

〈告知〉2020.4.18 SAT. 歌舞伎町がライブにまみれになる夢の一日!CONNECT 歌舞伎町 2020 5th Anniversary 開催決定! [イベント]

フェス会場は新宿・歌舞伎町 !
歌舞伎町がライブまみれになる夢の1日 !
「街中音楽フェス」第4回目開催が決定!
CONNECT歌舞伎町2020_web.jpghttp://www.connectkabukicho.tokyo/
CONNECT KABUKICHO MUSIC FESTIVAL is Japan's Pop-Rock music fes!!!
The venue is Kabukicho itself having a bunch of live music clubs.Speaking of Connect Kabukicho music fes, This is urban style music fes, in another word, Tokyo style fes!
'cause, kabukicho itself , the hottest area in Tokyo, become live music clubs. Many edgy, rock and roll Japanese rising stars perform at big, small, a variety of venues. Why don't you join Tokyo style fes you have never ever experienced ?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

令和二年 元旦の歌舞伎町雑景と振る舞い酒



あけましておめでとうございます。
2020年の元旦はここ新宿で、ホテルグレイスリー新宿とワシントンホテルでは、正月の振る舞い酒を行います。今年で5年目となったこの行事にて、スタッフの着付けから正月の仕事はじめを迎えました。着付けは千夏仕切りのおばちゃんチーム、髪結いは歌舞伎町のbackstage大石君。朝の3時起きで現場入りなので、ここ数年紅白も見てませんが。うちのワンコたち(虹杏と太良)も例年この時間はお留守番・・
ひんやりした空気に包まれた元旦早朝の新宿は静かです。気温は4度、例年に比べてさほど寒くない元旦の朝でした。観光地化が進むこの街、今年は夏に開催を迎える東京オリンポック・パラリンピックを軸にトピックが動いていくのでしょうか。
個人的には、春に発行を予定している歌舞伎町公式ガイドブック『Like!KABUKICHO』の制作に追われています。マップ形式からガイドブック形式に変えて今回が3刊目。歌舞伎町のホテルを中心に配本予定です。それを超えると一息つく間もなく、夏の新宿エイサーまつりの開催準備に向かうことになるかな。新宿エイサーまつりは例年7月最終土曜の開催でしたが、今年は一週繰り上げて7月18日(土)の開催予定。
今年もよろしくお願いいたします。
令和二年 元旦


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

令和元年12月20 三浦警視総監が歌舞伎町を巡視 ー 年末年始の特別一斉警戒を発令 [季節]


三浦正充警視総監は新宿署にて状況報告を受けたあと、17時10分ごろに歌舞伎町に到着、歌舞伎町交番勤務員を激励、17時20分ごろ交番を出発、上條隆利新宿警察署長の案内で、歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町2丁目町会、新宿防犯協会ら地元のボランティアとともに警察官を合わせて約70名が、15分ほどかけ、歌舞伎町でも最も来街者でに賑わうシネシティ広場から劇場通り一番街、ゴジラロード付近の巡視を行いました。

巡視後、三浦警視総監コメント:
「年末年始特別警戒中のところ、本日、一斉警戒を発令し、日本を代表する繁華街である新宿・歌舞伎町の交番勤務員を激励し、地域の防犯ボランティア団体等の皆様と、管内を巡視しました。
年末年始は、特有の慌ただしさ等を背景にして、金融機関、コンビニエンスストアを狙った強盗やひたくりなどの犯罪のほか、重大交通事故の発生が懸念されます。
警視庁では、官民連携による、防犯活動をすすめるとともに、制服警察官やパトカーによる見せる警戒活動を行うなど、街頭警察活動を強化し、各種犯罪の抑止および検挙につとめ、首都東京の安全、安心の確保に全力を尽くしてまいります。」
毎年"恒例"と言ってはなんですが、歌舞伎町の年末の"風物詩"とも言える警視総監の歌舞伎町視察です。こうした制服警察官による"見える"警察活動が、繁華街の来街者に一定の緊張感が伝わればいいかと思います。

歌舞伎町では客引きの苦情が多く、とくに2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、増加する外国人観光客らの被害が懸念されます。新宿警察署は防犯モニターで現場を監視、違法な客引き等を発見したらスピーカーで警告する取り組みも始めました。
警視庁は、とくに犯罪の増加傾向のある年末・年始対策として、この日、三浦警視総監を長とする特別警戒本部を設置、年明けの1月3日にかけ、のべ16万6千人の警察官を動員するとのことです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

12月14日(土)「歌舞伎町X'masスケートリンク」オープニングに安藤美姫さんが来てくれました。【開催期間は12月25日まで】 [イベント]



雪と氷好きとしてはどこか納得いかなくもない、樹脂製パネルで作られた約200平米のスケートリンクが歌舞伎町シネシティ広場に出現しました。とはいえ、ここ(シネシティ広場)は法的には道路です。道路にスケートリンクが出現したわけですからそれはそれでヤルナ!って感じもします。

主催は歌舞伎町商店街振興組合、となってますが、企画は株式会社東急レクリエーションからの持ち込みです。後述しますが約1,000万の開催資金は商店街や区の歌舞伎町TMOを含む近隣事業者の皆さんの協賛で賄われています。

東急レクリエーションと東急電鉄は、シネシティ広場の西面、旧ミラノ座(グリーンプラザも含む)跡地に、2022年竣工を目指してホテルや劇場、ライブホールを基幹とした高さ225m48階だての高層複合施設を開発中(歌舞伎町一丁目地区開発計画)です。そのミラノ座の創業期の昭和32年12月より、建物の上半分が東京スケートリンクでした。早稲田のアイスホッケー部が拠点にしてたりとか、昭和42年に閉鎖(のちにミラノボウルに変わる)されるまで、歌舞伎町の基幹施設として、近隣では貸し靴やで生計を立てた方々が結構いたそうです。


そういう意味では、52年ぶりに歌舞伎町に"スケートリンク復活"とも言えるかもしれません。こうして歌舞伎町を盛り上げようとするのも、2022年竣工予定の新しいビルの価値を高める施策の一環でもあるだろうし、竣工後に運営主体となる東急レクリエーションとしては、シネシティ広場も含めての総合的な歌舞伎町中心地区の活用実験ともいえるかもしれません。


さて、12月14日(土)に、シネシティ広場に設営された"歌舞伎町X'masスケートリンク"のオープニングには、プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんがスペシャルゲストとして登壇されました。そのほか、歌舞伎町の住人でもある吉本興業の協力でお笑いタレントの方たちが盛り上げてくれました。登壇されたのは、キクチウソツカナイ(司会)さん、しまぞうZ(キャベツ確認中)さん、石川ことみさん、太田(いぬ)さん。



司会とお笑いの方たちが舞台を温めたあと、サンタマント姿の安藤美姫さんがスケート靴を履いて登場、約30分のトークとフォトセッションでした。樹脂製のリンクは、蹴ってもツーーという感じで滑らないので、最初は滑りにくそうでしたが、「氷だとツルンといっちゃうところ、樹脂だとすべらない分、初めての方にはすごく安全なので、歌舞伎町のど真ん中に、例えば(本物の)リンクに行く前に体験したいなあという方にはすごいオススメです」と安藤さん。歌舞伎町にはたまに「ここら辺にいます。」だそうです。東伏見にリンクがあるので、ショーの時は新宿プリンスホテルに宿泊してて、広場の目の前のコパボウルにも行ったことがあるとか。「歌舞伎町は海外の方も多いので、ここは国際的な交流の場にもなるのかも。」と観光地化している歌舞伎町の景色を見ながら言ってました。記者の質問で今年一番のトピックはと聞かれて安藤さんは「今年一番の印象に残ったリンクはここかも。不思議空間というか、ネオンに囲まれて滑るというのは、オモシロイ空間だなと思いました。」最後に海外からの来街されてる方たちに向け「今夜でも明日でも、ぜひ友達と一緒にここでスケートを楽しんでくださいね。」を英語でメッセージをくれました。



「歌舞伎町X'masスケートリンク」開催期間は限定で、12月14日より25日まで
営業時間:土日12:00~21:00 平日15:00~21:00 ※12月23日(月)より25日(水)は12時より営業
会場:歌舞伎町シネシティ広場(新宿区歌舞伎町1丁目19)
入場料:無料
※貸靴代 大人(中学生以上)900円(税込)/子供(小学生以下)700円(税込)
※5本指手袋、靴下必須※手袋200円(税込)、靴下200円(税込)で販売
※小学生以下はヘルメットとプロテクター着用(貸出無料)大人向けニット帽も300円(税込)で販売
主催:歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町タウン・マネージメント
後援:新宿区
特別協賛:アパホテル株式会社、株式会社TSTエンタテイメント、東亜興行株式会社、東急株式会社、株式会社東急レクリエーション、東宝株式会社、株式会社ヒューマックス
協賛:株式会社AFP、株式会社久米設計、清水建設株式会社、新宿興産、新宿サブナード株式会社、株式会社スペーストラスト、株式会社セガエンタテインメント、花園街商業協同組合、ホテルグレイスリー新宿、株式会社モンテローザ、WARP SHINJUKU
協力:株式会社東急エージェンシー、株式会社東京ピストル 、株式会社ユニカ/YUNIKA VISION

#歌舞伎町スケート #Kabukicho_skate

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

いとうせいこう×廣木隆一~歌舞伎町への愛を語る 2019/11/17 HELLO KABUKICHO Vol.1より [イベント]

【歌舞伎町公式アーカイブ】いとうせいこう×廣木隆一~歌舞伎町への愛を語る HELLO KABUKICHO Vol.1より
 youtube 01h329m30s https://youtu.be/6Ausaz-COFw

【開催概要】
トークテーマ:歌舞伎町とわたし
ゲスト:いとうせいこうさん×廣木隆一さん
司会:草なぎ洋平(株式会社東京ピストル 代表取締役)
日時:11月17日(日)開場:16:00 開演:16:30
場所:AWAKE(新宿区歌舞伎町1-2-7 歌舞伎町ダイカンプラザ星座館 B1F)
主催:株式会社TSTエンタテイメント・歌舞伎町商店街振興組合
2018年暮れに、歌舞伎町の旧東急ミラノおよび、東急が取得した旧グリーンプラザ跡地再開発「歌舞伎町一丁目地区開発計画」によって2022年に竣工予定建物のエンターテインメント施設の企画・運営を目的として、株式会社東急レクリエーション(代表取締役社長:菅野信三)、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(代表取締役 CEO:水野道訓)及び東京急行電鉄株式会社(代表取締役社長:高橋和夫)の三社によって「株式会社 TSTエンタテイメント」(代表取締役 石崎 達朗)が設立。今回は、そのTSTエンタテイメント主催(歌舞伎町商店街振興組合も共催名義を了承)によるトークイベント第一弾。TSTエンタテイネントは、HELLO KABUKICHOと銘打った、facebookなどのSNSを通じての交流サロンを立ち上げた。
これと関連付け、やがて2022年の再開発ビル竣工後に歌舞伎町の一大エンターテインメント文化発信拠点となるであろう「場」へとつなげていこうという、まず最初の布石という感じます。いとうせいこう氏は、2002年~2005年、新宿ミラノ座にて開催された東京国際ファンタスティック映画祭でチーフクリエイターとかチーフプロデューサーを務め、また2005年から2年ほど、新宿区主催の歌舞伎町ルネッサンス推進協議会の委員も務めていた。ミラノ座閉館後、いとう氏を中心としたファンタチームは、そのまま台東区出資による下町コメディ映画祭(通称したコメ)の製作へと移り、いとう氏をチーフプロデューサーとして10年、2017年に終了。再び、いとうせいこう歌舞伎町降臨は、今から3年後の『歌舞伎町映画祭』誕生への、もしかしたらこれが最初の一石なのかもしれない。
廣木監督の「さよなら歌舞伎町」(2015)は、英題「TOKYO LOVE HOTEL」が示すように、歌舞伎町のラブ・ホテルを舞台にした群像劇だった。時効をひかえてひっそり歌舞伎町で生きてる夫婦を描くなど、そのリアルさが響いた作品だった。企画そのものは、実際にラブ・ホテルで働いていたある女性の話がベースになってるそうだが、歌舞伎町はある意味、人生の一時停止のような描き方は実際に近く、印象深い作品だった。また廣木監督に歌舞伎町を描く機会があるといいね、などとか思いました。
HELLO KABUKICHO では、こうしたエンタメ寄りの場であったり新しい発見をめざしてサロン開発を進めるとのこと。タノシミです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019.11.6 『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア/歌舞伎町ゴジラロード [イベント]


【歌舞伎町公式アーカイブ】2019.11.6 『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア/歌舞伎町ゴジラロード 19m08s

11月8日より全国公開となる映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが、歌舞伎町ゴジラロードで行われました。

イベントアタマには、歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏が集まったファンに向けて挨拶、『エンターティンメントの街・歌舞伎町』をアピールしました。


ダダンダダン!!・・和太鼓演奏による圧巻のテーマ曲が迎える中、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー氏をはじめ、今シリーズ28年ぶりの復帰となったサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさん、新キャラの強化人間・グレース役、マッケンジー・デイヴィスさん、最新型のターミネーター・REV-9を演じたガブリエル・ルナさん、人類の命運を握る少女・ダニー・ラモス役のナタリア・レイエスさん、そして監督のティム・ミラー氏がレッドカーペットが登壇しました。



ターミネーターのシリーズとしてはこれが6作目ということになりますが、大ヒットしたT1、T2後に映画権が一時ジェームズ・キャメロンから離れていた3~5作については「忘れてもいい」のだとか。再び権利が戻ったジェームズ・キャメロンが製作・原案に立つ今作、T1・T2の、これが正式な「続編」だそうです。設定は、T2から25年後。T2の公開が1991年なので、リアルの月日がほぼそのまま経った感じのようです。監督に起用されたティム・ミラーは、ここから新シリーズを3部作と考えているようだが、どうなるでしょうね。


【来日ゲストコメント】


アーノルド・シュワルツェネッガー Arnold Schwarzenegger character/ T-800

「東京の皆さん、今夜ここにくることができて、大変うれしく思っています。前回来日した時に、"I'll be back! "と約束しましたのでまた戻ってきました。本当に、私は日本のファンの皆さんを愛しています。私の作品をすべてご覧になって応援してくださいましてありがとうございます。戻ってきて来れてうれしいです。映画というのはファンの皆さんの存在なしでは成り立ちません。ですからファンの皆さんが一番大切なのです。本当にありがとうございます。そして今回、このように素晴らしいキャストの皆さん、ティム・ミラー監督と集まることができてうれしく思います。私たち全員がこの作品を愛しているように、皆さんにもこの作品を愛していただきたいと思います。」


リンダ・ハミルトン Linda Hamilton character/ サラ・コナー

「皆さん、こんにちわ。ほんとにわたし、日本に来れてとても幸せに思っています。ハリウッド以上に素晴らしくて、ここにいるのがシュールにさえ感じます。私たち、毎日すごく頑張ってこの映画を作ったわけですけど、お互いなくしてはこの映画はできなかった、と思っています。ものすごい愛が、この映画に込められています。そして、その愛を、皆さんスクリーンで感じ取っていただけたらと思います。

アクションもいっぱいあります。コメディもいっぱいあります。それ以外にも、感情もたくさんあります。力強さもありますし、そしてここに私の周りにいる素晴らしいタレントさんたち、ものすごい才能のある皆さんと一緒にほんとに頑張ってこの映画を作りました。お互いに高めあって、毎日頑張りました。このステージにいる誰一人欠けてもこの映画はできなかったと思います。そして最後に、アイ・ラブ・ユー、JAPAN。」



マッケンジー・デイヴィス Mackenzie Davis character/ グレース

「みんさんこんにちわ。こうやっておうかがいできて、本当にうれしく思っています。というのは、日本に以前から大変行ってみたい国だと思っていたからです。やっと来ることができました。そして、来ただけではなく、この作品、この方々とともに来日できたことを、大変感謝しています。

この作品に関われたことは、本当に、私の人生で最高に光栄だった作品の一つでもあります。素晴らしいティム・ミラー監督に率いられ、特別な作品を作れたと自分たちで思っています。この作品は、わくわくできますし、爆発的な魅力もあって、そして美しく、皆さんにも早く見て頂たいです。」



ガブリエル・ルナ Gabriel Luna character/ REV-9

「皆さんこんにちわ。まず、マッケンジーが今言ったように、自分も、日本に来るというのが自分の夢で、行きたい場所のリストのトップに東京、そして日本がありました。来日しての感想なんですが、想像以上の素晴らしい体験をさせていただいてます。

ファンの方々が大変熱くて、感動しました。コスプレしてくださっている方々も最高で、ビル・パクストンの恰好をして来てくださっている方がいて、テキサス出身の私の同郷の身としては、大変うれしいです。ありがとう。

皆さんを、とても愛しています。この作品をぜひ楽しんでいただきたいですし、きっと楽しいから、大きなポップコーンを買って観ていただきたいです。よろしくお願いいたします。」



ナタリア・レイエス Natalia Reyes character/ ダニー・ラモス

「こんにちは日本! Japon!ほんとうに、日本に来られて、ここに立つことができて、とっても嬉しいです。

この今の瞬間、私の記憶に永遠に残ると思います。そのように心を満たしてくれて、皆さんありがとうございます。そして、皆さんには、ミッションがあります。私たちが心を込めて作ったこの映画、11月8日、金曜日、皆さん、お友達、家族、みんな連れて、いろんな人に観てほしいので、皆さんがそういう人たちを連れてきてくださるのがミッションです。是非連れてきてください。映画を楽しんでください。私たち、愛をこめて作りました。」



監督 ティム・ミラー Tim Miller

「ハロー、トウキョウ!ほんとにわたしは、日本に来れて、とっても嬉しく思います。世界中をまわってきましたが、これが最高のプレミアです!

ターミネーターというフランチャイズの、真のファンが日本にはいると思うんです。今回、私は2度目の来日なんですけど、東京を歩き回っていると、まさに、未来都市という感じがします。大好きです。

ターミネーターファンがいっぱいいるというのは、やっぱり、SFが大好きなんじゃないかと思うんです。私は、日本文化が大好きで、アニメとか漫画、いろんな日本のアートの本をいっぱい本棚に並べているんです。ですから、この映画は、日本の文化からかなりの影響を受けています。この映画を観てもらって、また皆さんに影響を与えられればと思います。この映画が大好きになってください。ありがとうございます。」




『T2』の正統な続編にして、新たなる伝説。

― 時代は変わった。運命はどうだ。

ジェームス・キャメロン制作復帰。アーノルド・シュワルツェネッガー×リンダ・ハミルトン

ターミネーターニューフェイト.jpg

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
Terminator: Dark Fate 11.8 FRI 全国ロードショー
原題:Terminator: Dark Fate/2019年製作/カラー作品/シネマスコープ
IMAX/DOLBY CINEMA/4DX/MX4D/2Dデジタル字幕版・吹替版
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:2時間09分
[コピーライト]2019 Skydance Production,LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域